株式会社マルモ森商店 — 荒茶の作り方
chagama: 夏らしく、暑い毎日が続いていますね♪  詳細・ニュース一覧

  • 荒茶とは農家が製茶問屋に卸す状態のお茶です。農家が摘採した茶葉がゆっくりと機械に運ばれて移動します。最初の工程は「蒸し」。酵素の働きを止めて緑色を保ちます。蒸されたお茶はコンベヤーで運ばれ粗揉の工程に移ります。
  • 種類の違う器具の付いた機械をいくつも経て乾燥と粗揉を行います。
  • 最後にこのスターウォーズに出てくるような機械で揉んで荒茶の完成です。ここまでの工程に3時間以上かかります。このお茶を仕入れた製茶問屋が仕上げ・火入れ・合組(ブレンド)を行い皆さんが飲んでいるお茶が出来ます。

マルモ森商店が運営するお茶屋さん。
70種類を超すお茶の試飲や、エスプレッソマシーンで淹れた煎茶が楽しめます。